皆さんは自動車を売却するとなるとどこに売るでしょうか。
中古車販売業者や今ではオークションスタイルなどというカーライフも提案されているようです。
以前からある方法としては「ディーラー売却」かと思います。
安心できるスタンスとはいえますが、売却価格という点について注目をすると「低めである」ということもいえるようです。
ではなぜ価格が低くなってしまうのでしょうか。

ディーラー売却と再販売の展開は大きなかかわりがあるもの

まずディーラーはあくまで「車を販売する業者」という位置づけです。
これは、皆さんもご存知のことでしょう。
ですから、買取専門業者と比較をすると、どうしてもその価格に差が生まれてしまうのです。
また、これは「再販」という視点でも同じことが言えます。

買い手が多いのはやはり中古車販売店になってしまいます。
また、ディーラーの場合には中古車として売り出す際には「自社のネットワーク内」のみでの販売ということになります。
俗に言う正規ディーラー中古車というものです。
このことから、どうしても再販売の展開規模が狭くなりがちで、このこともまた売却価格が低くなってしまう要因としてつながってしまうのです。

ただし、ケアという点においてはディーラーには魅力があります。
どちらを優先させるかは個々によって変わってくるかと思いますので快適なカーライフのためにも比較検討をしてみると良いでしょう。
双方にまずは査定を依頼するというのも良いかもしれません。

自動車パーツを替えているという方について

自動車が好きだという方の中には、オーディオ類やマフラー・足回り・ステアリング・・・などさまざまなパーツを純正以外のものにしているという方も多いのではないでしょうか。
こだわりをもってカスタムしているという方も少なくないようです。

こうしたカーライフは金銭的にもかかることではありますが、ディーラーに売却をする際にはこれらの価値は「無」であるということになるのです。
これもまた、売却価格の低さにつながつてしまうのです。
純正パーツ以外のものは、どんなに高級なものであっても「他社製品」としての扱いになりますので評価外になるわけです。

ディーラーは買い取った自動車を中古車として販売する際、純正に戻して売らざるを得えないということを考えると分かりやすいかもしれません。
自分自身で純正に戻せるという部分に対してはそれを行った後に売却を行うと良いかもしれません。
カスタムパーツについては、それだけでも高く買い取ってくれるところもありますのでそれらを利用するのも良いでしょう。